Search

サイト内の検索

キーワードを入力して【GO】をクリックしてください。

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

prev 5月 |  7月 next

「賀来飛霞のみた自然と歴史」その2

 諸塚村から宇納間地区(美郷町北郷)に抜ける宇納間越の手前に吉野宮神社があります。賀来飛霞は、弘化2年(1845)3月にこの吉野宮神社に立寄りました。
 飛霞が著した「高千穂採薬記」には、吉野宮神社のことが書かれており、石塔の絵が描かれています(写真・左)。現地に行ってみますと、飛霞が描いた石塔がそのまま残っていました(写真・右)。
 飛霞も、絵を描くためにしばらく立ち止まっていたのでしょうね。(学芸課S)

imageimage

2016/04/23 08:14 | 博物館スタッフ | コメント(0)

コメント投稿

コメント投稿の権限がありません。

権限のあるユーザーでログインしてください。

next このページの先頭へ